スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のヮのさんとTVその2

nonowa_tv02-01.jpg

離型剤洗えました。
ちょっとこれから仕事なので今日はここまで。
短くてすいません。
スポンサーサイト

古明地こいし①

フライングキャットの途中ですが、どうにも色塗って待ってる間が微妙だったので
2体目を作るの巻。

というわけで、東方Project の「古明地こいし」ちゃんです。

ゲームで未だに会った事がないわけですが気にしてはいけない。

全部猫と烏が強すぎるのがいけないんだ。

仮組みまで行ってみたけどよくできてるなぁ…
どうやってこんなにスカート薄くできるんだろう…
自分の作ってる輝夜ももっと手直しせねば。

ko_6346.png
ko_6349.png

のヮのさんとTVその1

犬丸です。
またもや自分のオリジナルでなくてすいません。
次の積みガレキはコレを作ります。

nonowa_tv01-01.jpg

へなちょこ同盟製天海春海(ディフォルメバージョン)です。
TVがついてるのがスゴイかわいいので前々回のWFで通りがかった時に衝動買いしました。

nonowa_tv01-02.jpg

パーツは全9パーツでフルカラーレジンキットです。
これまたラクチン!

nonowa_tv01-03.jpg

早速ポリデントにドボンします。

あ、ポリデントの分量は通常使用時の二倍にしています。
150mlならタブレット2個ですかね?
絶対にパーツより先に入れましょう。
泡による洗浄効果が段違いですので。

フォルクスワーゲンバンその10

vw_b10-01.jpg

フォルクスワーゲンバン製作記事最終回!!
イエーイ、ことし初ガレキ完成です。
3月は頑張った!

ということでスミ入れも拭き取って
こまかい部分もエナメルのクロームシルバーなどで塗ったのです。

このあとクリアを吹きまくって完成です。

vw_b10-03.jpg

vw_b10-02.jpg

vw_b10-04.jpg

撮影するときに相変わらずライトが強すぎました。
今度ちゃんと撮影ブース作ります。

あ、ナンバープレートは15年くらい前に買ったレタリングを使いました。
もう今レタリングって普通には売ってないんですね。
あんなに模型には便利なのに。

製作記がきっかり10回で終わってスッキリです。
さて、次は何を作ろうかなー。

フォルクスワーゲンバンその9

vw_b09-01.jpg

マスキングをはぎました。
さぁ、こっからは細かい仕上げです。

vw_b09-02.jpg

まずはマスキングがめんどうな箇所だったライト部分に
クレオスのクールホワイトを筆塗りします。
こんくらいの面積ならラッカーでも筆塗り余裕です。

しかもこの部分はちょいとはみ出しても
後からシルバーで縁取りするんでマスキングよりもらくちんです。

vw_b09-03.jpg

ライトが塗れたら
タミヤエナメルのフラットブラックで
全体にスミ入れします。

vw_b09-04.jpg

この時にタイヤ部分も一緒に塗っておきます。
タイヤを塗ると急に車に見えてきますね。

フライングキャット①

とりあえずフライングキャットのサフを吹き、軽く色を塗ってみる。

あれ…この猫の色ってむずかしくね…?
考えてみたら動物の着色なんて自分には無理ゲーじゃね?

三毛猫にでもしようかなぁ…

とりあえずエアブラシの奇跡にでも頼って適当に塗ってみよう。

fcat_00.png

fcat_01.png

フォルクスワーゲンバンその8

vw_b08-01.jpg

反射して見づらい!
ええと、ナンバープレートにだけ
クレオスのクールホワイトを吹いたところです。

このあとナンバープレートもマスキングして
いよいよ基本塗装最後の一回です。

vw_b08-02.jpg

車体上部の白は
ガイアノーツのバーチャロンカラー「ウォームホワイト」を塗りました。
カトキ的色合いですね。

この後マスキングを剥がすのがドキワクです。

フォルクスワーゲンバンその7

vw_b07-01.jpg

赤がきっちり乾燥したら、さらにマスキングします。
バンパーを残すのを忘れずに。

vw_b07-02.jpg

したらば、赤を再度消すために今度はさすがにサフではなく
またまたガイアノーツのEx-シルバーを吹きます。
かなりギラギラするのでバンパーがメッキ的になっていいかんじです。

何で毎回下地が銀色かっていうと、銀は隠ぺい力が強い上に上からどんな色を塗っても
きっちり発色してくれるからなんですね。
便利シルバー。

フォルクスワーゲンバンその6

vw_b06-01.jpg

タイヤ自体はエナメルの筆塗りをする予定ですが、せっかくホイールキャップが銀色になっているので
活かすためにおおざっぱにマスキングします。

vw_b06-02.jpg

そして本体下部色の赤をどばーっと塗ります。
赤はハーマンレッドとモンザレッドとシャインレッドを混ぜたものに
蛍光レッドをちょい足ししました。

なんで上部の白から塗らないか、というと単に白部分はマスキングするのがめんどくさいからです
(段差的に)
このマスキングのしやすさというのが模型製作のストレスに直結するので
なるべく塗装の回数よりもマスキングのしやすさを重視するようにしています。

「息切れ回避」が今年の目標です。

フォルクスワーゲンバンその5

vw_b05-01.jpg

窓をマスキングし終わったら
今度は全体をガイアノーツのサーフェーサーエヴォシルバーで吹きます。
これで白でも赤でも簡単に塗り放題です。
銀サフ最高ですぜ。

あ、サフは0.5mm口径のハンドピースで塗っています。
エアテックスのビューティー4プラスシリーズって奴です。
口径がアタッチメントで替えられてちょー便利です。
便利すぎるのでもう一本欲しいレベルです。
プロフィール

アーカム工房

Author:アーカム工房
造形サークル「アーカム工房」です。
Tシャツ製作サークル「ハウニブ」も運営中です。

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。